こんにちは、SKYです。


法人税法、相続税法を勉強しています。






本試験、受けて参りました。



受け終わった後、出し切った感とでも出来なかった所の悔しさから、何もする気が起きずダラダラしていました。








◾︎法人税法





出題内容等は他ブロガーさん書いている通り。



昨年の財表、消費に続きCランクのタックスヘイブン、と青色申告。


計算はかなり綿密に作り込まれたすごい問題だったと思います。


一見簡単そうに見えてなかなか解けない。点が取りにくい感じの問題。


自分の思い込みなどで進めたところは軒並み大失点の予感。。



感触としては、あまり良くないです。。というか良くない。。



直前期後半で課題だった計算の低迷がそのまま続いた感じ。


それから時間を投入して挽回したつもりでしたがなかなか難しい。


見落としや勘違い、そもそもの理解不足の点など。


まあ解答速報出ないと点数等はなんともですが。










◾︎相続税法



理論はテーマ8の納付からのみ。


2の要件は書けませんでした。


見た瞬間、あぁー巻末の用語の意義やぁー、知らんがなぁ~と思い、雰囲気適当に書いただけ。


ここで理論のボーダー高めの設定なら即死コースです泣。。



計算はびっくりするくらい普通。


答練の初めくらいの感じ。


もちろん一部初めて見る論点や出題もあるので全部合わせられるかというとはまた別ですが。。


宅地・株で過去ほどの難易度のものは出なかったのが特筆点。ほんとびっくりしました。

あれだけやった不整形地なしかい!





あと、、、




類似の分母。。




もしかして、5???




私は大原の答練もたまたまやってたので、まさか!と思って5にしましたが、タック答練のみの仲間はかなりの確率で3 にしているもよう。




どうなのかは解答速報次第。


これもし5なら今回のタックはかなりやらかすことに、、、


あと、すでに計算でワンミス見つけているので萎えてます笑。






取り敢えず一年間が終わりました。


みなさんも各科目受けられた思いますがお疲れ様でした!




取り敢えずは、しばしの休息を笑。


それでは~





スポンサードリンク