こんにちは、SKYです。



法人税法、相続税法を勉強しています。



昨年もやった気もするので今年も。









64題。





相続税法の理論マスターの理論数です。






この内、今時点ですが本試験に持っていく(予定の)理論を挙げてみます。


持っていく中にはまだ覚えてない理論もあるので、今時点で全て覚えているわけではないです。


この一ヶ月で覚える予定もあるのでその進捗によっては増減すると思います。





個人的には、相続税法の理論の覚えにくさは、消費税法と同じかそれ以上でした。









◾︎ 持っていく理論 



59 / 64

 + 1 (用語の意義)



一応数には入れてますが、山林と2-5は作文でいいかなと。


医療法人は今時点ではほぼ覚えてないです。これも作文になるかも。


用語の意義は個別理論ではないですが巻末にあります。


覚える予定は特例対象宅地等。

これもまだ覚えてない。


二世帯住宅関係、試験に出るな!!笑

キライ過ぎる。


あとは国外転出時課税もちゃんと覚えてない。。

本試験までには、覚えようかな、、たぶん。










◾︎ 持っていかない理論 


5 / 64


 ・国通(7-1)

 ・更正・決定(7-6)

 ・納税地(7-8)

 ・医療法人贈与 (8-16/8-17 )



納税地は昨年出ましたのでランク外。

その他国通も。債務控除は上級期で覚えちゃったので持っていきます。



医療法人はまだ相続も覚えてないので贈与はもし時間があれば覚えたいところ。


医療法人、出るな!笑








もしかしたら予定が厳しくて上記より持っていけないかもしれないし、その逆もあるかも。



感覚としては、残り期間で今挙げた数覚えられるか微妙な感じです。


なので減る可能性の方が大きい気もするけど取り敢えず予定は予定として立てました笑



なるべく残りの期間で頭に詰め込んで行けるようにしたい。



持っていかない理論が本試験で出たら今年も辛い戦いになると思います。。





スポンサードリンク