ネタバレあり!注意!









こんにちは、SKYです。

法人税法・相続税法を勉強しています。






2回目を受けてきました。


あくまでも自己採点ですが点数と内容を書いていきたいと思います。



 















◾︎自己採点


理論 48/50

計算 46/50

合計 94/100








◾︎ミス内容


理論

・一部規定書き漏れ -2




計算

・建物B減価償却 -2

・寄付金計算パターン -2










◾︎理論


リースと工事。



リースは事例問題自体は普通でしたが、所得計算の取り扱いで最初の売買とみなす規定は書けたものの途中の減価償却の規定を書き漏れ。



リースの取り扱いを一から説明するのってわりとクドくてどこか忘れてしまいます。



・リース取引の意義⇨売買とみなす⇨賃借料を償却費とみなす⇨減価償却⇨所有権移転外か判定⇨結論。みたいな。




所有権移転外の償却費金額は特別償却が使えないことに気がついたかが要でした。


ギリ気づけてセーフ。






工事はかなり良問だった気がします。

受験生が言うのもあれですが。


特に延払基準の適用があり得るところに気付くかどうかがポイントでした。



量が多いというよりは条文に当てはめつつどの取引に該当するのか、どの前提などが欠けてるのかを判断して書いていくところが難しかったです。


延払と工事の理論を何気に行き来する問題だったので今後の復習問題にも使えそうです。


ドクターに載せて欲しいくらい。











◾︎計算



決算修正型。


決算型としての難易度は上級のものと同じくらい。




減価償却B

計算でまさかの超過額を加算し忘れるという痛いミス。。


いかんですね。

本試験では絶対に合わせる項目なのでこのミスは許せません。


なんとか今後ミスしないように工夫したいと思います。


償却費は地味に解法の型作ってないんですよね。






寄付金。


資本金等の額に資本準備金を入れ忘れるミス。。


最初ちゃんと線引いてチェックしてるのに、なぜか資本金のみで処理しちゃってる。。


軽く読んでたのがいけなかったのか。

 





租税公課周りは久々に別表が出てきました。


結構苦手意識があり、上級期でしっかりと勉強したので漏らすことなく得点できました。




保険差益は二期前のものなので全額取り崩しを行うところがポイントだった気がします。



減価償却は間違えたところ以外は普通でした。5%判定も久々。



有価証券は一月以内取得してないので短株の処理は無し。


その代わり譲渡原価の修正が必要。


この辺りも上級期でやったことある気がする。




外税関係は大原の実判でボコボコにされたのでちゃんと復習して出来るようになってました。良かった。


ここも含めて結構ちゃんとコメント書きましたが今回は全体的に配点はありませんでしたね。


まあ気にせずコメントは書きまくります笑





上級期で間違えた問題も結構ありましたが、そこは今回間違えずに対応出来ました。




計算の分量は標準くらい?



理論の記述量がそこまで多くなかったので周りで時間内に終わってる人がチラホラいた気がします。









◾︎まとめ


もう全国模試まで1ヶ月を切ってます。


予告があるからいいけど、法人の予告なしは税法の中で所得と同じく一番インパクトでかいのでそもそも予告なしで理論書けるか不明です笑


全く覚えてない論点でたら0点でしょうね。



いまは答練の準備と覚え直しで手一杯ですがなんとか全国模試までにほんのちょっとでも形にしたいと思います。




スポンサードリンク