ネタバレなし!


採点結果のみ。









こんにちは、SKYです。

法人税法・相続税法を勉強しています。






大原の実判演習のみ申し込んでます。


2回目を受けてきました。





◾︎採点

理論 38/50

計算 40/50

合計 78/100


上位50%くらい?







・理論


自己採点より9点低かったです笑


昨年の財表と消費でも大原の全統などで同じように理論は大減点されました。


大原の採点はフレーズ加点方式で、事例問題では論点ごとに決まったフレーズや言葉、決まった型を当てはめないと点がなかなか取りにくくなっています。(特に型の修得については大原担当講師も言ってました。)


タックだと勝手なイメージですが、趣旨と説明がある程度書けてたらちゃんと点くれるのでいつもふわっと書くのですが、それだと大原では採点対象の言葉がなかったり説明不足だったりしてるみたいです。


今回は用語の意義だけもタックと違うところは合計 3点減点(タックの理論 マスター、一字一句同じで書いてます)



経験上、タック採点と自己採点が大きくずれることは無かったので、予備校あるあるとして減点となった所はあまり意識せず、軽く確認するくらいにしよう思います。



これから解答方法は変えるつもりはありません。


大原の点を取るために同じ用語の意義を2種類覚えるのも変ですし、タックで点取れてるのでまあいいかな、という言い訳笑。









・計算



論点自体は学習はしていたものの、タックではそこまで細かくは見てなかったなー、という論点がチラホラ。



タックは広ーく浅く、大原はちょっと狭く深ーくやってるイメージです。



間違った点などはちゃんと復習しておきたいと思います。







スポンサードリンク