こんにちは、SKYです。

法人税法・相続税法を勉強しています。







大原にて申し込みしてみました。



講義講座は受けずに、答練だけ受けるコースです。




目的は、


・他予備校の出題形式等の把握

・理論問題の確認

・実力試し


です。




ですのでがっつり準備というよりは今のままで受ける感じ。


というかタック答練で精一杯で準備する暇がないだけ笑




もちろん大原の教材は購入しておらず、文字通り身一つで受けるだけです。






1回目を受けてきました。

成績はこちら。



理論 44/50

計算 36/50

合計 80/100



79点が二割ラインなのでギリ20%以内、本試験なら当落線上って感じですかね。



計算はタックでは未学習な項目や変わった資料の出され方もされていて、かなりビックリして解けなかった所も多かったです。



理論も難しいなぁと感じる問題もあり不安に思いながら仕訳書いたりしました。



それでこの順位は上出来だと思います。


あとで見直すと計算はそこまで難しくはないけど、情報量が多かったり一つの解答を出すのに多くの論点入れてきたりする所が特徴だったかと思います。



タックだと、特に上級演習だと回数が多い分、論点も絞られて出されますがそんなに甘くなくこれでもかっ!て感じの問題でした。



普段のタックの答練に加えての演習なので負荷が上がりますが、傾向や論点が分かるのはいいなと思います。



昨年の簿記論や消費税法の大原全統の経験もあるので、振り回されて無理に点を取ることにはこだわらずいつもと違う問題に対応する練習になればと思います。




今後も点数等を記事にするか分かりませんが、引き続き大原の演習を通して少し違う角度で法人税法を見ていければと思います。






↓いいねの替わりに ( ^_^ ) 
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ 
にほんブログ村 





スポンサードリンク